スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WiiU】2014年9月第4週のバーチャルコンソール発表。「ソルジャーブレイド」「平成新・鬼ヶ島」「高橋名人の冒険島」が登場

WiiUの2014年9月第4週に配信されるバーチャルコンソールの内容をまとめました。

今回のWiiUは下記4本。

・ソルジャーブレイド
・平成 新・鬼ヶ島 前編
・平成 新・鬼ヶ島 後編
・高橋名人の冒険島

配信日は2014年9月24日になります。

WiiU_VirtualConsole_logo.jpg
1:ソルジャーブレイド(PCエンジン) 配信日:2014年9月24日 価格:617円(税込)
VirtualConsole_2014091701.jpg

 1992年にPCエンジンで販売された名作『スターソルジャー』の系譜に連なる、縦スクロールシューティング。
 SIA(Special Interception Airforce)特別迎撃空軍のパイロットとして、重戦闘機「ソルジャーブレイド」をあやつり、押し寄せる敵に立ち向かいます。自機はゲーム中に現れるパワーアップアイテムを取ることで、色に応じた3種類の攻撃を繰り出すことが可能。また、敵弾を防ぐことができるオプション「ガンボディ」やパワーアップの状態と連動する「バーストアウト」システムの追加により、アイテムのとり方や特殊攻撃のタイミングなど、戦略的な判断も重要です。
戦闘はシリーズ特有の爽快感にあふれ、あらゆる場面に散りばめられた大小多数の演出は必見。
そして、各オペレーションの最後に待ちうけるボスキャラが、さまざまな仕掛けでプレイにアクセントを与えます。シリーズでお馴染みの「キャラバンモード」も搭載されており、スコアアタックも楽しめます。
   VirtualConsole_2014091702.jpg
   


2:平成 新・鬼ヶ島 前編(スーパーファミコン) 配信日:2014年9月24日 価格:823円(税込)
VirtualConsole_2014091703.jpg

 1997年にスーパーファミコンのカセット書き換えシステム「ニンテンドウパワー」より発売されたアドベンチャーゲーム。
 『平成 新・鬼ヶ島』は、ディスクシステム用ソフト『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』でお供役だった3匹の動物たちが主人公となる物語です。前編となる本作では、一話は犬の「りんご」、二話は猿の「まつのすけ」が、「ひのえ様」という神様のような不思議な星に導かれて冒険します。昔話風の世界観に素朴なグラフィックとBGMが、どこか懐かしい雰囲気を醸し出す作品です。
先に進めなくなったときは、一度調べた場所を調べ直したり、話したことのあるキャラクターともう一度会話したりと繰り返し試してみてください。新しい発見や会話の変化があるかもしれません。
   VirtualConsole_2014091704.jpg
   


3:平成 新・鬼ヶ島 後編(スーパーファミコン) 配信日:2014年9月24日 価格:823円(税込)
VirtualConsole_2014091705.jpg

 1997年にスーパーファミコンのカセット書き換えシステム「ニンテンドウパワー」より発売されたアドベンチャーゲーム。
 『平成 新・鬼ヶ島』は、ディスクシステム用ソフト『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』でお供役だった3匹の動物たちが主人公となる物語です。後編の三話はキジの「おはな」と漁師の「太郎」、竜宮城の「乙姫」のお話です。四話は「おはな」と前編の主人公だった「りんご」と「まつのすけ」を中心にお話が進みます。
会話の途中でチャイム音が鳴ることがありますが、これは重要なヒントが出てきた合図です。チャイム音がしたらその会話の内容に注目してみてください。途中、ミニゲームをプレイする場面があり、アクションや謎解きなどさまざまな種類のゲームが登場します。
   VirtualConsole_2014091706.jpg
   


4:高橋名人の冒険島(ファミコン) 配信日:2014年9月17日 価格:514円(税込)
VirtualConsole_2014091707.jpg

 1986年に発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲーム。
 「高橋名人」は、1秒間にボタンを16連打するテクニックや「ゲームは1日1時間」の名言で知られる、実在の人物です。本作はその高橋名人が主役となり、謎の「冒険島」を駆け回ります。
バイタリティは時間の経過や一部の障害物に触れることで減りますが、道中でフルーツを取れば回復できます。バイタリティが0になったり、敵や一部の障害物に触れたり、穴に落ちたりするとミスになります。出現するタマゴにはいろいろな役立つアイテムが入っていますが、名人の嫌いな「なすび」を取るとバイタリティを減らされてしまうので注意してください。
   VirtualConsole_2014091708.jpg
   


今週のWiiUのバーチャルコンソール配信も先週と同じく4本になります。
「ソルジャーブレイド」はハドソンが夏のキャラバンで行っていた最後の公認ソフトになります。
これ以降は夏のキャラバンは継続しますが、ゲームがハイビジョンを使用した10人同時対戦ボンバーマンになります。

管理人である私がSTG大好きだったので発売日当日買っては、当時販売していたPCエンジンの雑誌「月間PCエンジン」の攻略ページを読みながら2分間モードや5分間モードの高得点の稼ぎ方を必死にマスターしようとしてました。

あと個人的に、今までの「スターソルジャー」シリーズの中でBGMがとても好きです。

「平成新・鬼ヶ島」は当時BSでゲームを配信していた「BS 新・鬼ヶ島」のリメイク版になります。
内容はディスク版の「新・鬼ヶ島」で登場した主人公たちを助けるお供の3匹が主人公たちに出会う前の過去話になっています。
また、クリア後にディスク版の「新・鬼ヶ島」が遊べるという嬉しいオマケが付いています。

「高橋名人の冒険島」は、これも当時ファミコンでよくプレイしました。
こちらのゲーム、実はセガがアーケード等で販売していた「ワンダーボーイ」の移植だったりします。
当時こどもだった管理人は、なんでゲームセンターに「高橋名人の冒険島」のパクリがあるんだろう?って思いながらコインを入れてプレイしてましたww
個人的には、アーケード版「ワンダーボーイ」よりも、ファミコン版「高橋名人の冒険島」の方がプレイし易い印象があります。(意外に難易度はどちらもシビアだったりします)

個人的にも、どれもが楽しめる作品だと思っているので興味のある方は、是非ダウンロードしてみてはどうでしょうか。



【2014年9月分 バーチャルコンソール リンク先】

【WiiU】2014年9月第1週のバーチャルコンソール発表。「風のクロノア~夢見る帝国~」「アドベンチャーズ オブ ロロ」が登場

【WiiU】2014年9月第2週のバーチャルコンソール発表。「マリオゴルフ GBAツアー」「ブレス オブ ファイア 竜の戦士」「飛龍の拳 奥義の書」が登場

【WiiU】2014年9月第3週のバーチャルコンソール発表。「ビクトリーラン」「スーパーマリオボール」「ロードランナー」「イー・アル・カンフー」が登場


コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

Twitter

FC2カウンター

Amazon

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。