スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WiiU】2014年10月第3週のVirtualConsole(バーチャルコンソール)は、「魂斗羅(MSX版)」「スーパーマリオアドバンス3」「2010ストリートファイター」「ディグダグ」が登場

2014年10月第3週に配信されるWiiUの「VirtualConsole(バーチャルコンソール)」は下記の4本です。

・魂斗羅(MSX版)
・スーパーマリオアドバンス3
・2010ストリートファイター
・ディグダグ

配信日は2014年10月15日になります。
該当ソフトについて、まとめてみました。

WiiU_VirtualConsole_logo.jpg

1:魂斗羅(MSX) 配信日:2014年10月15日 価格:814円(税込)
VirtualConsole_2014100901.jpg

西暦2631年、最新鋭自動防御システムを装備した地球海兵隊司令部のレーダーが地球に異常接近しつつある小型の隕石をキャッチした。 まもなく隕石はニュージーランド沖合北東20km地点のガルガ諸島に墜落したが、行方不明となった。 その隕石が異星侵略者(エイリアン)であり、また人類滅亡計画開始の予告であったことを解明した地球海兵隊司令部は海兵隊所属の『魂斗羅』に異星侵略者壊滅の任務を命令する。
『魂斗羅(コントラ)』とは、熱き斗魂(とうこん)を生まれながらにもったゲリラ戦術の達人に与えられる呼名である……。
本作品は1987年発売の同名アーケードアクションゲームの移植作。迫り来る謎の侵略者に『魂斗羅』の呼び名を持つ海兵隊が立ち向かいます。
家庭用向けに加えられた大幅なアレンジと特徴的な3D画面の再現により、日本のみならず海外でも大ヒットした作品です
   VirtualConsole_2014100902.jpg
   


2:スーパーマリオアドバンス3(ゲームボーイアドバンス) 配信日:2014年10月15日 価格:702円(税込)
VirtualConsole_2014100903.jpg

このソフトは、2002年に発売されたゲームボーイアドバンス用のアクションゲームです。スーパーファミコンで発売された『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』をアレンジして収録しています。
カラフルヨッシーたちと赤ちゃんマリオが、絵本のような手描きタッチの世界で大活躍!タマゴを投げたり、へんしんアイテムを使ったりと新たなアクションで攻略の幅もグーンとアップ!
かわいらしさいっぱいのふたりのヒーローが、キャンバス上をかけめぐる!!
   VirtualConsole_2014100904.jpg
   


3:2010ストリートファイター(ファミコン) 配信日:2014年10月15日 価格:514円(税込)
VirtualConsole_2014100905.jpg

このソフトは、1990年に発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲームです。
固い甲羅を持つ装甲虫を体に「奇生」させ、同化することによって強力なパワーを発揮する敵「パラサイト」を倒すため、サイボーグ警官「ケビン・ストレイカー」を操作し、ステージを進みます。フリップジャンプで攻撃を回避しつつ、ソニックブリッドやハイパーショットを撃ってパラサイトを倒していきます。ステージはいくつかのエリアに分かれており、エリアごとに設定された特定のターゲットを倒してオープンパワーを集めると、次のエリアに進める次元ドアが現れます。
   VirtualConsole_2014100906.jpg
   


4:ディグダグ(ファミコン) 配信日:2014年10月15日 価格:514円(税込)
VirtualConsole_2014100907.jpg

このソフトは、1985年に発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲームです。
地中を自由に掘ることができる主人公・ディグダグ。地中を掘って道を作り、追いかけてくる敵をモリや岩を使って倒します。すべての敵を退治するか、敵が逃げていなくなるとラウンドクリア。うまく掘り進み、まとめて敵を倒すことができれば高得点を獲得できます。
   VirtualConsole_2014100908.jpg
   


今週のVirtualConsole(バーチャルコンソール)の配信ソフトは4本になります(´・ω・`)

「魂斗羅」は、ファミコン版ではなくMSX版になります。ファミコン版との主な違いは下記の通り。
・横スクロールではなく、一画面ごとによる切替方式。
・MSX版オリジナルステージがある。
正直なところ、こちらのMSX版の魂斗羅はファミコン版に比べて評判が悪いです(ヽ´ω`)なのでファミコン版の魂斗羅とは別のゲームという感覚でプレイされることをオススメします。

「スーパーマリオアドバンス3」はSFC版の「ヨッシーアイランド」のアレンジ移植版。
SFC版との違いは、主に下記の通りです。
・GBA版オリジナルのステージが追加。
・ヨッシーなどにボイスが加わった。
ちなみに、「ヨッシーアイランド」以外にも対戦プレイが出来る「マリオブラザーズ」もセットで遊べる。

「2010ストリートファイター」は、ファミコンで販売されたゲーム。
名前に「ストリートファイター」とあるが、対戦格闘ゲームの「ストリートファイター」シリーズとは全く関係が無い。
アメリカでは更にゲームタイトルが加わって「Street Fighter 2010: The Final Fight」となっており、もちろんながら「ストリートファイター」も「ファイナルファイト」も関係ない。

「ディグダグ」はアーケードからのファミコンへの移植版。
特にネタになるようなことがないので、明記することがないが今週販売されるゲームでは最もやり込めるゲームだと思います(ヽ´ω`)

というわけで個人的には「ディグダグ」一択です(`・ω・´)シャキーン
以上です。

VirtualConsole(バーチャルコンソール)関連のリンク先になります。よろしければ下記よりご参照下さい。

【WiiU】2014年10月第1週のバーチャルコンソール発表。「F-ZERO ファルコン伝説」「スーパーチャイニーズワールド」「マッハライダー」が登場

【WiiU】2014年10月第2週のVirtuallConsole(バーチャルコンソール)配信ソフト発表。「ロックマンX3」「つっぱり大相撲」「沙羅曼蛇(ファミコン版)」が登場

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

Twitter

FC2カウンター

Amazon

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。