スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WiiU】2014年10月第4週のVirtualConsole(バーチャルコンソール)は、PCEngineから「パワーゴルフ」「沙羅曼蛇」、GBAから「ロックマン ゼロ」、ファミコンから「燃えろ!!プロ野球」「バベルの塔」が登場

2014年10月第4週に配信されるWiiUの「VirtualConsole(バーチャルコンソール)」は下記の5本です。

・パワーゴルフ
・沙羅曼蛇(PCEngine版)
・ロックマン ゼロ
・燃えろ!!プロ野球
・バベルの塔

配信日は2014年10月22日になります。
該当ソフトについて、まとめてみました。

WiiU_VirtualConsole_logo.jpg

1:パワーゴルフ(PCエンジン) 配信日:2014年10月22日 価格:617円(税込)
VirtualConsole_2014101701.jpg

シンプルながらも本格的な操作性と、全編を通じてのさわやかなグラフィックが魅力のゴルフゲームです。
自然豊かな18ホールを舞台に、1人プレイ専用の「STROKE PLAY」、ホールごとに勝敗を競う「MATCH PLAY」、競技会形式の「COMPETITION」の3種類のゲームモードで競い合います。プレイヤーは、平均的、初心者向き、上級者向きの3人から使用するキャラクターを選んで、風向きやグリーンの傾斜を考えながら、それぞれのホールにチャレンジします。
「MATCH PLAY」モードでは通常の「NORMAL MATCH」に加えて、勝者が敗者からクラブを1本奪うことができるというユニークなプレイ方式「HELL MATCH」を搭載。「COMPETITION」モードは最大3人までがエントリー可能で、実力差が気になる対戦でも「ハンディ制度」で白熱したプレイが楽しめます。
   VirtualConsole_2014101702.jpg
   

2:沙羅曼蛇(PCエンジン) 配信日:2014年10月22日 価格:617円(税込)
VirtualConsole_2014101703.jpg

シューティングゲームの傑作「グラディウス」の続編。「超時空戦闘機ビックバイパー」が「サラマンダ軍」の侵攻を食い止めるために敵の母星へと向かいます。
ステージごとにスクロール方向が切り替わり、プレイヤーは「パワーアップアイテム」で自機を強化しながら敵を撃破していきます。
各ステージの最後で待ち構えるボスを破壊するとステージクリア。燃えさかる「高密度エネルギー」ステージをはじめ、火山弾が降り注ぐ「地底火山」や「小惑星」など、前作以上に趣向をこらした6ステージがアーケード版から忠実に移植されています。 攻略が難しいポイントで力をあわせて立ち向かうことができる2人同時プレイも可能です。
   VirtualConsole_2014101704.jpg
   

3:ロックマン ゼロ(ゲームボーイアドバンス) 配信日:2014年10月22日 価格:702円(税込)
VirtualConsole_2014101705.jpg

2002年に発売されたゲームボーイアドバンス用のアクションゲームです。

レプリロイドを凶暴化させる∑ウィルスの発生が発端となり、長きにわたって繰り広げられた「イレギュラー戦争」。その永遠に続くかと思われた戦いも、ついにはひとりの英雄「エックス」の活躍によって終わりを告げ、世界は復興の道を歩み始めた。人間が幸せに生活することができるユートピアを目指し再生の拠点として築き上げられた都市「ネオ・アルカディア」。人々はようやく笑顔を取り戻せるかにみえた……。

しかしそこではレプリロイドのイレギュラー化を恐れる政府が、不当な理由で次々とレプリロイドたちを処分していた。

このままではみんな死んでしまう!
元科学者の少女「シエル」はある場所に今もねむっている伝説のレプリロイド「ゼロ」の名を思い出した……もし伝説が本当なら……。
   VirtualConsole_2014101706.jpg
   

4:燃えろ!!プロ野球(ファミコン) 配信日:2014年10月22日 価格:514円(税込)
VirtualConsole_2014101707.jpg

このソフトは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ用の野球ゲームです。
個性豊かな12球団から1つを選び、ペナントレースでの優勝をめざします。当時としてはリアルなグラフィックと音声で、プロ野球中継さながらの臨場感を再現。2人対戦では、VSモード限定のOBチームが選択可能。往年の名選手たちが試合を盛り上げます。
   VirtualConsole_2014101708.jpg
   

5:バベルの塔(ファミコン) 配信日:2014年10月22日 価格:514円(税込)
VirtualConsole_2014101709.jpg

このソフトは、1986年に発売されたファミリーコンピュータ用のパズル&アクションゲームです。
考古学研究者で探検家のインディー・ボーグナインを操作して、頂上にある空中庭園をめざすのが目的です。不思議な石を運んで組みかえたり落としたりして、出口にたどりつくとステージクリアとなり、次のフロアへ進みます。フロアによっては敵が待ち構えていますが、石をぶつけて下敷きにするとやっつけることができます。また、8フロアごとに「壁画の間」があり、塔の頂上へ上がるために必要な「謎の絵」が隠されています。
   VirtualConsole_2014101710.jpg
   

今週配信されるソフトは5本になります。

先ずはPCエンジンから2本。ひとつめは「パワーゴルフ」です。こちらは当時PCエンジンで出していたスポーツゲーム「パワーシリーズ」のゴルフゲームとなります。内容的にはファミコンの「ゴルフ」をPCエンジンに写してきたような印象。
当ゲームの魅力は、ゲームモードの豊富さ。特に勝者が敗者のクラブをへし折る「ヘルモード」が面白い。

もうひとつはPCエンジン版の「沙羅曼蛇」。ファミコン版に比べてかなり遅めのリリースになったが(理由はコナミがPCエンジンに参入したのが、91年だったため)ファミコン版に比べてグラフィックの綺麗さが桁違いだったのを未だに覚えてる。個人的にはPCエンジン版の沙羅曼蛇がお気に入りだったりする。

ゲームボーイアドバンスから「ロックマン ゼロ」の1本。主人公がロックマンXシリーズのゼロになっているアクションゲーム。残念ながらコチラは未プレイなため。コメントが出来ない。

最後にファミコンから2本登場。最初はジャレコから販売された「燃えろ!!プロ野球」。バントでホームランが打てたりと何かと面白いゲームになっている。注目は審判が「喋る」こと。コナミの「実況プロ野球」シリーズほど喋るわけではないが、当時ファミコンで「プレイボール!」「ストライク!」「ボール」と喋るのは驚きでした。あとはファミスタと違い12球団が揃っていたのが良かったです。個人的にはめちゃくちゃ遊びつくしたゲームのひとつで是非ともオススメのゲームです。

最後の「バベルの塔」ですが、こちらも未プレイのためコメントないです(ヽ´ω`)

個人的には「燃えプロ」そしてPCエンジン版「沙羅曼蛇」がオススメになります。
是非機会がありましたら、プレイしてみて下さい。

以上です。

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

Twitter

FC2カウンター

Amazon

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。