スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MCPE】AndroidでMinecraftPEを探索するBlog(5) 仮拠点を作りました

今回は洞窟攻略の仮拠点作りを行いたいと思います。

mcpe_amb_logo.jpg

仮拠点を作るわけですが、どこの洞窟を探索するかというと、前回のワールドでの拠点の隣にあった「豚の住み家」と命名した洞窟になります。

MinecraftPE_2015011711.jpg

拡大すると、豚さんが写っています(´・ω・`)
MinecraftPE_2015011712.jpg


前回は隣に洞穴を作りましたが、今回は地上に家を建てたいと思います。

参照:【MCPE】AndroidでMinecraftを探索するBlog(1) ワールド作成

「豚の住み家」洞窟が地上部分より低いところにあるので、先ずは地上へ直接昇り降りができるようにしました。

MinecraftPE_2015012101.jpg

そして洞窟と仮拠点を直接行けるようにするために、洞窟からモンスターが出てこないように扉を設置しました。

MinecraftPE_2015012102.jpg

ちなみに仮拠点を立てる前の状態がこちらになります。
<画像>仮拠点建設前
MinecraftPE_2015012103.jpg

先ずは仮拠点となる壁側に丸石ブロックを埋めていきます。下記のようにする理由は
・建てる範囲を事前に確認するため。
・クリーパーによる爆発で地下部分の保護目的
 (実際に効果があるか分かりませんが、無いよりはマシかなというレベル)

<画像>仮拠点 外枠埋め
MinecraftPE_2015012104.jpg

壁側となる外枠に丸石ブロックを埋め込んだら、次に原木ブロックで柱作成です。これは作動画サイトなんかで使っている方がいるので模範してみました。豆腐作りよりは見た目がよくなる気がします(個人によって差はありますが…)

<画像>仮拠点 柱立て
MinecraftPE_2015012105.jpg

次に壁部分の丸石ブロックで作っていきます。また住居部分は材木ブロックを埋めていきます。

<画像>仮拠点 壁と床
MinecraftPE_2015012106.jpg

そして屋根部分を作成する前に、原木ブロックで柱っぽく見せます。

<画像>仮拠点 屋根部分の柱
MinecraftPE_2015012107.jpg

壁を完成させて、出入口となる扉を取り付けます。砂が手元にないのでガラスブロックが作れないということで、とりあえずフェンスで窓代わりにしました。

<画像>仮拠点 扉と壁
MinecraftPE_2015012108.jpg

仮拠点の側面が出来上がったところで、ベットと作業台を用意させました。
これで夜になったらこちらの仮拠点で朝を迎えることが出来るようになりました。

<画像>仮拠点 ベットと作業台
MinecraftPE_2015012109.jpg

ですがまだ屋根が無い状態なので、屋根を取り付けたいと思います。

<画像>仮拠点 屋根が無い状態
MinecraftPE_2015012110.jpg

高いところからの作業は苦手です…(ヽ´ω`)

<画像>仮拠点 屋根作成中
MinecraftPE_2015012111.jpg

階段ブロックを利用して屋根を作りました。完成です!!

<画像>仮拠点完成
MinecraftPE_2015012112.jpg

内部から見るとこうなります。

<画像>仮拠点内部より
MinecraftPE_2015012113.jpg

…まだ屋根部分に空いている個所がありますね(;・∀・)近いうちになんとか対処しようと思います。
あと完成してから思ったのですが、若干広すぎた感じがしました。もうちょっと小じんまりした仮拠点でも良かった気がします。作ってしまったので内装でなんとかカバーしたいところです。

以上、ご精読ありがとうございました。

次回に続きます!

該当記事の目次一覧を下記リンク先に展開しています。よろしければご参照下さい。
【MCPE】AndroidでMinecraftPEを探索するBlog 目次一覧

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

Twitter

FC2カウンター

Amazon

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。